介護施設での仕事内容と収入面について

介護の資格で最も一般的なのが、「介護職員初任者研修」の資格です。この資格はだいたいホームヘルパー2級の資格と同等に扱われるレベルだと言ってよいでしょう。

 

ホームヘルパー2級を取得している人が行っている介護の仕事を、介護職員初任者研修の資格保持者もできる、ということになります。主な仕事内容に関しては、働く介護施設や現場の体系などによって異なることもありますので、まずは具体例として訪問介護サービスでの仕事についてご紹介しましょう。

 

訪問介護では、自宅で生活している高齢者の元へ出向き、生活に必要な様々なことをお手伝いするというのが主な仕事となります。炊事洗濯や、買い物、その他の家事を手伝ったり、歩行が難しい高齢者に対しては付き添って外出したり、排泄や入浴の介助をすることもあります。

 

介護の仕事内容や、サービスについては利用者の健康状態や生活状況によって変わるものとなります。

 

次に介護施設での仕事内容について挙げてみましょう。介護施設には様々な利用者がいますので、仕事内容も訪問介護より多くのことが求められます。

 

認知症の方や車椅子の利用者など、介護の必要度が高い方が多いからです。また介護施設は24時間体制ですから、訪問介護よりも時間的な面でも大変な仕事と言えるかもしれません。

 

ちなみに年収といった収入面についてですが、「介護職員初任者研修」の資格は、介護資格の中でも取得しやすいため特別な手当てがつくということはなく、正社員での収入はだいたい15万円前後、パートであれば時給750円〜800円が相場となっています。