介護職員初任者研修の資格の将来性は?

介護の現場では、資格を取得している人は貴重な人材として重宝されます。しっかりとした知識と技術を持った人が必要であるためです。また、これからも高齢者の数は増えていく一方です。したがって、介護の仕事ができる人材に対する需要は非常に高く、これからもその傾向は続いていくと容易に予想できます。しかしながら、介護の仕事をする人材が不足しているというのが現状です。

 

多くの人が介護の仕事を志しているのも事実ですが、すぐに辞めてしまう人が多いという問題があります。なかなか人材が増えないのは、長く続かない人が結構多いということが背景にあるのです。これは、介護の仕事はやりがいがあるものである反面、非常に辛い面もあるためです。過酷な仕事に耐え切れずに辞めていくという人が多いのです。

 

したがって、慢性的に人材が不足している現場は多いため、即戦力として働くことができるような人はニーズが高いです。即戦力として働くことができるということは、すなわち介護に関する資格を取得しているということです。

 

また、仕事によっては資格を持っていなければできないものもあります。例えば、訪問介護なら介護職員初任者研修あるいはホームヘルパー2級の資格がなければできません。このような資格を取得していれば、採用選考でも有利になるでしょう。

 

介護職員初任者研修の資格は、もし今すぐ介護の仕事をしたいというわけではなくても、自分の親などを介護するときにも役立つでしょう。将来的にも必ず役に立つ資格ですので、資格取得のメリットは非常に大きいといえます。