介護職員初任者研修、試験の難易度は?

急速に高齢化社会が進行している日本では、これからますます介護分野での需要が拡大して行くと予想されています。このような社会状況の中で重要な役割を担っているのが、ホームヘルパーという職種です。

 

特に「ホームヘルパー2級」のニーズは高く、資格を取得する方も年々増えて来ています。注意しなければならないのは、2013年4月から資格制度が変更されることです。「ホームヘルパー2級」という資格はなくなり、「介護職員初任者研修(修了者)」という資格が創設されるのです。

 

ちなみに、現時点で「ホームヘルパー2級」の資格を持っている方は、「介護職員初任者研修(修了者)」を持っていると見なされ、そのまま仕事を続けられます。なお、変更されるのは名称だけではありません。そこで、新旧両資格の比較を、以下に記して行こうと思います。

 

創設される「介護職員初任者研修(修了者)」の取得に必要な受講時間は130時間とされており、この点では、現在の「ホームヘルパー2級」と変わりません。ですが、その内容は大きく異なります。

 

例えば、「ホームヘルパー2級」時代には42時間だった「実技スクーリング」の時間が、「介護職員初任者研修」になると90時間と大幅に増えるのです。その代り、30時間とってあった「施設実習」の時間がなくなります。

 

また、最大の変更点と言って良いのが、修了試験の導入です。つまり、受講さえすれば取得できた「ホームヘルパー2級」とは違い、「介護職員初任者研修」では、修了試験に受からなければ資格を取得できなくなるのです。

 

この修了試験がどれほどの難易度なのかは現時点では分かりません。ですが、介護職員の質を保つことに重きが置かれていることを考えると、「それほど簡単なものではない」ことを覚悟しておいた方が良いかも知れませんね。