介護職員初任者研修はどんなカリキュラムなの?

介護職員初任者研修の講座を実施している事業者はたくさんありますが、違いはあるのでしょうか。決められたカリキュラムを受ける必要があるため、内容に関しては同じです。

 

オリジナルのカリキュラムなどは無駄な努力になってしまいますので、やめておきましょう。きちんと自分に合った講座を選んで、介護職員初任者研修に必要なことを学んでいきましょう。

 

介護職員初任者研修のカリキュラムは、いくつかのプログラムで構成されています。具体的には「職務の理解」を6時間、「介護における尊厳の保持・自立支援」を9時間、「介護の基本」を6時間といった感じに学んでいきます。

 

さらに「介護・福祉サービスの理解と医療との連携」を9時間、「介護におけるコミュニケーション技術」を6時間ほど学びます。ここからは、症状ごとの理解を深めるためのプログラムとなります。

 

「老化の理解」を6時間、「認知症の理解」を6時間、「障害の理解」を3時間学びます。どれも介護の仕事をする上では欠かすことができない大切な勉強となっていますね。

 

まだまだ130時間には遠いように思えるかもしれませんが、「こころとからだのしくみと生活支援技術」は75時間、学ぶことになります。とても重要なことも多く、時間をかけて様々な技術や知識を学ぶ必要があります。ここで半分以上の時間を費やすわけですね。

 

そして最後に「振り返り」を4時間行って、合計130時間のカリキュラムとなっています。以上が、介護職員初任者研修の全カリキュラムの流れとなっています。大変そうですが、やりがいがあると思います。

 

どうやって申し込むの?

介護職員初任者研修はハローワークを経由して受けることが可能ですが、誰でも申し込めるわけではありません。ハローワークに求職の申し込みをしていて、きちんと働く意志がある人であれば、ハローワークの所長が職業訓練の支援をする必要があると判断してくれるでしょう。

 

他にもいろいろな条件がありますので、詳しくは自分で調べてみるといいでしょう。介護の現場で活躍するためにも、介護職員初任者研修は欠かすことができませんので、きちんと計画を立てて、目標に向かってがんばってください。